読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストを目指す人と汚部屋住人達の共同生活(特に共同部分の片づけについて)

 

f:id:minimum555:20140918145906j:plain

私はいわゆる実家暮しです。親と暮らしております。

でも親は当然ミニマリストではなく、ミニマリストを目指している訳でもない。むしろ汚部屋の住人です。足の踏み場を探すタイプのです。
そうなると当然一緒に暮らすとお互いにイライラしてしまうこともありますよね。
ですが、個人的には親や家族の持ち物に手を出すのは当然NGです。ですが、あまりに汚いと愕然としてしまいますよね。 (臭かったりすると尚更)なので私が試した片づけ方(主に共同部分)を教えます。

 

まず、どんなに汚くても家族の物に手を出してはダメです。自分の部屋や自分の持ち物だけを捨てたり選別するだけにしましょう。
そうすると家族は最初は不安を覚え怒ります。ですがそれを越えると段々自分も少しは...みたいな感じでたまに掃除してくれるようになります。その時は沢山褒めましょう。

 

そして理想を語るのがポイントです。


(例:『こんな部屋にしたいねー』とインテリア雑誌や画像を見せる等)
そうすると『こういう方がいいかな』などとその人の理想を言ってくるので『ならここにテーブルがあって』とか現状の部屋に当てはめると、『ならここはスペース開けなきゃ...』とか言いだしたりします。

その時はこちらに捨てさせてくれたりするのでその繰り返しでどんどんスッキリさせていくのがオススメです。

ちなみに一気に変えようとすると人間は変化が嫌いなので反発をくらいます。

私の親はその繰り返しをして今では自分からこういう部屋どう?とか提案してきます。こないだも何万枚と大量にあった写真を進んで捨て、いい写真だけ残したりいい方向に進んでます。


あと軽く発達障害を持っていて汚部屋になってる場合もあるのでそこらへんはいかに掃除をせずにやっていけるか、動線に無理がないかを一緒に考えてあげることも大事です。押し付けはダメですが。


家族であっても一番身近な他人ですからやっぱり思い遣って生きていきましょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

広告を非表示にする