読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ぎっくり腰は月2」「介助がないと起きあがれない」原因不明の腰痛からよくなるまで試した方法を公開!

生活 生活-改善

 

Stays and Corsets: Historical Patterns Translated for the Modern Body

 

昨日腰痛と脚の形のためのストレッチをのせて思い出したんですが、私高校生の頃はひどい腰痛持ちで毎朝母親に起き上がる際に介助してもらわないと起きれませんでした。はっきりとした原因は不明だったのでより辛かったです。

 

ただ今は全然「腰痛」と言うほど痛くなる事はほとんどなく、もし私みたいな人がいたらちょっとでも参考になることを願って、腰痛がよくなるために試して効果があったものを公開します。

 

ちなみに症状はこんな感じ。

・月2でぎっくり腰のような症状になる

・介助がないと痛すぎて起き上がれない

・腰痛がひどく仰向けでは眠れない

・そもそも学校に行けない日もあった

などなど。

 

当時はあまりに痛くて、本当に辛くて死ぬんじゃないか…?とか考えてました。

バイトとかもしていたのですが、休むしかない時もあって長続きしませんでしたね!

 

ステップ1・まずは靴を見直し

最初は靴を見直しました。合わない靴は処分。

 

あとできる限り合皮の硬い靴ではなくて本革の柔らかい靴に変えました。これでかなり違う。

スニーカーでも変な所の筋肉使う様な靴も結構あるので気をつけた方がいいと思います。

 

あと地味にワイズ(足囲)が違うと脚がすべってしまって負担がかかるのか、腰にくるのでそれも気をつけて靴を選ぶのがいいと思う。

 

あとちょっと合わないけどどうしても履きたい靴は100円均一の中敷きを入れて履いてましたね。それだけでもかなり違いますよ。

 

ステップ2・ストレッチをする

これは昨日書いたストレッチ方法。

 

 

とにかく腰が潰れたような痛さだったので伸ばしました。これで更によくなりました。今でも腰がちょっと痛い日はこれで次の日は痛さが消えるためやってます。

 

ステップ3・横向けで寝るんでも足は伸ばして寝る

寝る際、横を向いて丸まらないと腰が痛くて寝れなかったのですが、上記の2ステップで仰向けは無理でも横を向いて足を伸ばして寝る事が可能になってきました。

 

それから足を伸ばした方が腰が痛くない事に気づきましたね。

 

ちょっと良くなってきてからがおすすめです。

 

ステップ4・布団やマットレスは柔らかいものに

これも結構重要ですよね。

特に女性は体重が男性に比べて軽いのでお尻が上手く沈まないんですよね。なのでこの辺も気をつけた方がいいかもしれません。

 

私はこの辺はかなり改善した後から布団を柔らかいものに変えたので正直ちょっとわからないんですが、もし硬いものを使ってて腰が痛い場合は柔らかい物に替えると改善するかもしれません。

 

ステップ5・仰向けで寝る

かなり良くなってきたら仰向けで寝た方がいいです。

足は勿論伸ばして下さいね!

 

ステップ6・リュックにする

これはどちらかの肩に負担がかかることを避けるので全体に負荷がかかって腰痛がましになります。

 

どうしてもバッグがいいなら1時間ごとにかける肩を変えることをすすめます。

あと男性はお尻のポケットに財布を入れるのもできたら避けた方が良い。

 

ステップ7・そもそも荷物を減らす

これはちょっとミニマリスト関連っぽいですね!

荷物を減らした方が体のどこかしらに負担がかかるのも避けられるし、絶対いいです。

 

ステップ8・腹筋と膝筋?を鍛える

重い物を持つ際などは膝に重さを逃がすといいと聞いて膝に力を入れるようにしてます。あと腹筋はよくなってきたらある程度鍛えましょう!

腹筋があるだけで腰の負担が減ります。

 

 

まとめ

ちょっとでも参考になりそうなことはありましたかね…?

腰痛って人それぞれ原因があるとは思うんですが、原因不明だとどうしていいかわからなくなりますよね。あまりに痛みがずっと続くとどうしても気が滅入ってしまいますし。

そもそもが腰は他の部分より支える骨が1本(背骨)しかないためおかしくなりやすいそうですね。だから他の部分よりデリケートなんでしょう。

 

健康な方も腰は大事にしましょうね!

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

広告を非表示にする