「不登校」→「完璧にひきこもり」への道を断ち切る唯一の方法

 

最近「不登校」の子が中学に入ったらすごく増えるっていうニュースを見て

「そういや私も不登校だったなー…」と思い出しました。

 

多分「不登校の子」は毎日気が気じゃない子もまだまだ多いんだろうなーってちょっと心配になってしまったよ。ってことで今日は寄り道して不登校だったけどなんとか今は普通に暮らしている人もいるよ!ってことを書いとこうと思って。

 

一応小学校4・5・6年と中学2年生の頃不登校だったのですが、なんで飛びとびなの?っていう事は後で書くんで置いときましょう。

 

4.5.6年で学校に行けなくなってしまったのは先生との相性の悪さが原因でした。とにかく根性で何とかなる!という先生だったため、あまりに無理な要求を求められた私が「それはどうやっても無理です」と断ったら逆切れされ「じゃああんたなんか知らない!」と言われ精神的に弱かった私は心が折れてしまいました。

ただとにかく大変だったのは親。

学校に行かない=綺麗なレールから外れる事だったのでしょう。毎日殴られ、頭を引きづられて学校の近くまで連れて行かれましたね。それでも毎日泣きながら家に逃げ帰り、大変でした。

はっきり言ってこれが一番辛かったので不登校の子供がいる人はとにかく追い詰めたりするのは絶対にやめてあげてくださいね!

 

で、なんでまた中学校1年生から学校に行ったのか?

 

単に自分で「とにかくちゃんとしないと自分の将来がやばい」と思ったから。

 そして「勇気を出すなら今だ」と思ったのもあって。

 

 不登校になるってことがどんな事か全く気付いていない子はいないでしょう。未だに学歴社会の中、学ぶ機会を失うんですから。

 なので、学校に行っていない間も自分で勉強していました。勉強したら楽しみにゲームするのが日課でしたね。

一度フリースクールにも行ったのですが、斜に構えていた私にとっては楽しいわけでも、勉強を教えてくれるわけでもありませんでした。ずっとタイピングで「え」を打ったりとかね。(今のフリースクールはもっと良くなっているはずですが)

 

 でも、中学校1年生からいってしまえば案外何とかなりますね。小学校が違う子も多いからか、途中から学校に行くよりハードルが低いです。

 

そして中学生生活を送るわけですが、中学2年生でなんでまた不登校になるのか?って感じですよね。理由は自分で言うのもなんですが、私は運動神経も良く勉強もできて友達も多くいわゆる「リア充」だったのですが、調子に乗ったのです。

 

調子に乗った瞬間友達に嫌われてしまったのです。

 

そしてひどくいじめられたりはしないものの、同じ学校の子に嫌われてしまったのを他の学校の友達で埋めようとしました。その結果、またも不登校に。学校に行かず他校の子とつるむように。

ただ時間がたつにつれてどんどん他校の子が不良どころの話ではなくなってしまい、嫌になりまた家にこもるように。この時は勉強もせず、一日中テレビを見てましたね。何もしたい事もないし、私の人生は完全に終わったと思ってました。

 

そのあと中学3年生の少し前、私は元友人から連絡を貰いました。

私を嫌っていた元仲良しのグループの子からでした。

「私今嫌われてて、ひとりで寂しい」「だから学校に一緒に行ってくれないかな?」と言う話でした。

自分が最大の原因とはいえ、この子が私が嫌われる原因になった張本人なので正直「虫のいい事…」と少しもやっとしましたが、このままじゃまずいと思っていた私にとってはある意味チャンスなこの話に、私は勇気を出して乗る事にしました。

 

正直自業自得とはいえ、1年もいっていない場所に戻るっていうのはすごいきついですよね。中学生なら尚更「なんであいつきたの?」とか色々言われるわけですよ。(実際言われまくった)

復帰1日目はめちゃくちゃ辛かったなー。

ただ何日か頑張ればあとは対応が普通になるから案外なんとかなりますよ!

 

そのままずっと不登校になってしまう子もいる

同じ時期に先生が合わず学校に行けなくなった子は今も家にひきこもりだそうです。その子の親にたまに会いますが、当時の先生の事をいまだに恨んでいます。

ただ、条件はわたしと同じような子だったので(たまに遊んでくれる友達がいるなど)どうしてずっと…って思ってしまったのですが、きっとそのままずっと家から出られなくなってしまう人と、どこかで外に出られる人の違いは

 

「出すべき時に勇気を出せるか」

 

これだけかもしれません。

 

ちなみに私は再度学校に行くようになってからもオタク仲間でもあるその子とよく遊んでました。その子の友人も何回か「次の学期から学校一緒に行こう」とか話に行っていたそうです。

でもその子は一度も学校に来ませんでした。

やっぱり怖いですもんね。

それは本当に本当によくわかるので何も言えないけれど。

 

逃げたっていいじゃん

よく不登校になると逃げ癖がつくとかいいますよね。

確かにそうかもしれません。

ただ「これはやばいと思ったものから逃げる事」って本能みたいなものじゃないでしょうか?

それは精神的だったり、肉体的だったり。

それはそんなダメなことなんでしょうかね?

大人だって嫌になったら会社をやめて転職したりするんだから一か所の場所で上手くいかないことだってあるでしょう。それは仕方ないと思います。

 

絶対やっといた方がいい事

勉強。

これ以外は好きな事して家で楽しく過ごしていれば良いと思います。

人生長いし、ちょっとくらい休んだってなんとかなりますから。

ただ、勉強だけはしておいた方がいい。可能性を広げてくれますし。それに学校でやるのと違ってある意味強制されない勉強って自由にやれて意外に楽しいですよ。

 

将来が不安かもしれないけど・・・

大人になったら最終学歴と職歴以外はあんまりつっこまれなくなるから大丈夫です。空白期間は勉強していたとか学費貯めてたとか何とか言って案外ごまかせます。

とにかく勉強して、出すべきタイミングで勇気を出す事。

それのみです。

 

何かの参考になったら幸いです。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事↓

広告を非表示にする