好意はやっぱり受け取った方がいいのかも…?

 

f:id:minimum555:20141225210615j:plain

 

 

人から申し出てくれた好意に対して…

 

よく有名ブロガ―姫姉様が


風の他人の姫姉様

 

他人の好意は素直に受け取った方がいいよ!(?)みたいなことをおっしゃっているのですが、とにかく人に借りをつくるのも貸しをつくるのも苦手な私。

なので以前は人が好意で何かしてくれようとしても基本的に断っていたのですが、姫様にならって最近は素直に好意を受け取ることにしてみました。(姫の真の意図をちゃんと受け取れているのかわからないけれど)

 

その結果・・・

 

まずすごい物貰いまくり。

ミニマリストを目指す身としてはまずいのかもしれないけれど)

 

お菓子系はすでに2週間は生き延びれる量。

 

好きな歌手の新譜CDやらDVDまで貰いました。

 

すごい。

 

姫様の言うとおり好意はもらってとりあえずものすごくお礼を言うことにしてます。時間がたったあとも感謝して使っているところを見せたり、とにかく喜ぶようにしてます。

 

勿論一切「欲しい」なんて口にしてませんよ。

 

むしろ1回目は絶対断ります。

なのに年配から若い人まで老若男女皆色々くれます。

 

物だけではなく何かしら優しくしていただいたり。(嬉しい)

 

人に何かしてあげるのって楽しいですもんね。喜んでくれたら尚更。私も自分にプレゼント買うより誰かにプレゼント買う方が迷う分楽しいですもん。

 

まとめ

とにかく貸し借りを作らないって意外と難しいし、好意は受け取ってむしろ感謝しまくって相手も嬉しく自分も嬉しいっていうのはいい形なのかも。ただ好意を受け取り馴れていないのですぐに「お礼何しよう…」とかってすぐ考えちゃいますね。

 

ある種のサンタさんが訪れたので書いてみました。(給料)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

広告を非表示にする