読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストに○○色は向かない?

ミニマリスト・シンプルライフ ミニマリスト・シンプルライフ-気づき

 

f:id:minimum555:20141219233746j:plain

ミニマリストに○色は向かない?

最近服を減らすにあたってやはり1点1点の着まわし力が重要だと思いました。数が少ないほど比較的何にでも合いやすい形や色の服が大事だなと。

だからこそスタンダードな色・形に惹かれます。

ですので以前の記事で書いた割となんにでも合わせやすい白はかなり重宝しているのですが、

○○がミニマリストにとって最強色な理由 - ミニマリストを目指すブログ

 

 

ですが1色、この色は

ミニマリストに向いていないのでは?』という色があります。

 

それは茶色。

 

大体の人は『そうかな・・・・?』くらいに思うと思うのですが、

茶色って「幅が広すぎる」のです。

 

例えば黒なら多少青み寄りなのか緑寄りなのか赤寄りなのか違いはあれど大体は似たりよったりな【黒色】をイメージできるでしょう。

 

ネイビーも大体そうだと思います。

 

ただ茶色は赤み寄りか黄み寄りかかなりの違いがあるのです。その上オリーブっぽいような緑がかった茶色まで。

赤茶なんて言葉があるのがその証拠。

 

なので茶色でカバンや靴の統一感をだそうとするととても難しい。

となると逆に差し色的な感じで全く違う色や似たような茶色を探そうとしてどんどん服やバッグ、靴が増える結果になりやすい気がしてます。

 

これが黒やネイビーだと起こりづらい気がするんですよ。

 

そういえばミニマリストの方たちをみているとネイビー愛好者が多い気がします。というか青系が。

 

清潔感のある色だからですかね?

 

まとめ

最近形が同じでも色でかなり違う印象になるので色の大事さをすごく感じてます。白のコートが欲しい…。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

 

広告を非表示にする