夜だけの特別な時間

 

f:id:minimum555:20141210203819j:plain

 

私は子供の頃からひどいロングスリーパーで基本12時間寝ないとまともに活動できませんでした。ちなみに今現在は10時間くらい寝たらまともに活動できますね。

 

8時間だと仕事途中で寝そうになります。

 

色んな改善方法を探したのですが、よくなりませんでした。

(ただ鼻づまりが原因なのでは…というところまできていて、いずれ睡眠外来にかかるつもりです。)

 

ならいっそ良く眠れるようにする

平日はとてもじゃないけど10時間睡眠は無理です。なので8時間か7時間睡眠くらいなのですが日中すごく辛いです。今日も眠りそうになって仕事中に少し寝ていたと思います。笑

 

ただ、睡眠の質をあげて仕事中眠らずにいられるように気をつけています。

 

そんな私がしている「有名だけど効果があるもの」を紹介します。

 

 

 寝る4時間前には何も食べない

これは仕事が夜遅くて食べたらすぐ寝ないといけない人には勧めにくい方法なのですが、確実に効果はあります。

私は以前は食べてすぐ寝る生活だったのですが、むしろひどすぎない程度の空腹なら(胃が痛いとかじゃないなら)食べずに寝るのも手です。

 

寝る前に必ずする「何か」を決めておく

寝る前には絶対ストレッチをするとか「この行動をとったら寝る」というのを決めておくと体が「ストレッチしたからもう寝るんだな」という風にスイッチが入るようになります。

なので必ず寝る前には「○○をしてから眠る」とか決めておくといいかもです。

 

夜はキャンドルライトだけで過ごす。

我が家は天井にシーリングライトがあります。

ただ夜は体の上から電気を浴びるのは睡眠の質を高めるのを邪魔するそう。

なので私はお風呂からあがって髪を乾かしたりする間は一切電気をつけずキャンドルで過ごします。

 

特に疲れている日はご飯を食べ終わった時点で暗くして、キャンドルのライトだけで過ごすのが自分のとっておきの贅沢です。

 

これは本当に眠りに入るのが早くなるのでおすすめの方法だし、強すぎない光なので心地よくて疲れを回復してくれる気がします。

 

(ここまで読んでくれた方ありがとうございました(´`)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

 

 

アイマスクと耳栓も着けているのが気にならない人ならいい方法です。

広告を非表示にする