人生は楽しそうなふりをしていたほうが楽しくなる

 

f:id:minimum555:20141202220425j:plain

タイトルのように

子供の頃から1人ぼっちでいるときに嫌な事があるとわかりやすく「不機嫌な顔」をして生きてきたのですが、いつもにこやかで人生が楽しそうな友人を見習ってある時「楽しそうなフリ」をはじめました。

 

あくまで「楽しそうなフリ」だったのですが、数ヵ月後本当に楽しくなりました。別に辛い時に無理して笑え!とかってことではなく単に楽しい時は本当に楽しむ、そして楽しんでいる姿を見せる。

 

どんなに楽しい事も楽しそうにしている人がいなきゃつまらなそうにみえるものです。素敵なレストランも美味しそうに食べている人がいるとより素敵に見える。

 

そして「あの子人生楽しそうだよね」と思われたら更に人が寄ってきてくれます。勿論寄ってきてくれるひとは選べませんが、当然のことながら類は友を呼ぶので自分が楽しそうにしていると楽しそうな人が寄ってくる。

そうするとそこから気の合う友人や考え方が柔軟で尊敬できるする人、そんな人と出会えます。本当に「人生ってつまらん」と思って生きてきて「人生つまらない 改善法」とか検索していた私が実践したので間違いないと思います。

 

人生つまらない人は人を「いいなぁ…」とうらやむより自分が楽しいふりをした方が楽しくなるよ!ってもっと過去の自分に教えておきたい。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

広告を非表示にする