人への思い込みを捨てる

 

今日はこちらを捨てました。

f:id:minimum555:20141116153231j:plain

強力ゴム¥280です。

よく考えたらこれで何かを作ることはないなと思って。ゴムスカートってスカートの重みでウエストのゴムが伸びてしまうので、ジャストサイズのスカートしか作らないし、かぼちゃパンツ的なショートパンツも作らないとなるとこれの出番がないので手放す事にしました。

 

人付き合いについて

私は本当に人付き合いが下手くそでした。

以前は正直どうやって人と付き合っていったらいいのかわからなかったし、友人に会ってもどの距離感でいったらいいのかわからなくてやたらへりくだってみたり、むしろ馴れ馴れしかったり、相手の言っていることを『違う』と思ったらそれをそのままぶつけてケンカになったり、家に帰ってきて『これでよかったのだろうか…』と1人反省会の毎日でした。

 

そんな私がすごく大事にしている言葉がありまして。

 

いつだったか少しやっかいで周りからも好かれていない男友達Aくんとケンカになりました。今考えると確かに相手も悪いけど私もそこまで怒らなくても良かったなというようなケンカなんですが。そんな時にもう1人の男友達Bくんに『なんでそんなにAくんに普通に対応できるの?』と聞いた事があったんです。

よくBくんはAくんに評判を落とすようなでたらめな噂を流されていたんですが、はっきりいって私だったら絶対許せないようなことでした。それなのにBくんはすごく普通に対応していたし、周りは全員Aくんを厄介者扱いをしていたのにもかかわらず、Bくんは普通に仲良くしていたのも気になりました。

そしたらBくんが『人は変えられないし、変わらないよ』

『だから自分がどうするか、それのが大事』とのことでした。

最初はBくんはAくんはもはや、人に対して何の期待もしてないということ?とびっくりしてしまいましたが、多分Bくんはある種の建設的な諦めを人に対して持っていて『そういう人だから』と思いつつ、『なら自分がどう対応するか』そっちのが大事と思っているようでした。

昔から『どうしてわかってくれないんだ、私のが絶対正しいのに』と自分の考えこそが正しいと思っていて、その上その自分の考えから外れた思考の人はおかしいと平然と恐ろしい事を思っていた私にはやたらと衝撃でした。そういえば別の誰とでも上手くやれる友人もAくんのことを『いつもそういう人だから気になんない』と言っていたんです。

でも確かに人に何の期待もしてないからこそ、何か人がしてくれたらすごく喜べるし、『裏切られた』と期待していたからこそ起こる感情が減るのは自分自身がすごく楽だということに気付いたんです。

 

その人付き合いの当たり前のルール『人と自分は違うし、人は変わらない』ってことを完全に忘れて人付き合いしていたのだからそりゃエラーを起こしまくるのも当たり前ですよね。今過去の自分を考えると当たり前のように人に期待をして、その上期待通りにしてくれなかったら『どうしてわかってくれないんだ』とか

馬鹿というより恐ろしい。

ですが、私は馬鹿な上、忘れる生き物なのでたまにこの絶対ルールを忘れて『あっ、今完全に人に期待してた。やばいやばい』となってしまうので気をつけないと。

人との付き合いが上手くいかないときこそこの絶対ルールを思い出しています。ありがとうBくん、Aくん。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

 

広告を非表示にする